転職の不安を取り除け!

転職情報サイト・TENSHOKU!! トップ画像 転職情報サイト TENSHOKU!! トップページリンク

転職希望先企業で面接を受ける

トップページ  > 転職希望先企業で面接を受ける

書類選考を突破し、転職を希望している企業から、いよいよ面接に呼ばれる時がきました。

面接に関しては、書類に対して気を使ったこと以上に、気をつけないといけないことが多々あります。
社会人経験をしたことのある人は言うまでも無いことばかりでしょうが、ここで復習をしておきましょう。

まず、面接では”遅刻”は厳禁です。相手も、仕事の合間を縫って、あなたのために時間を割いています。
これを遅刻してしまうと、あなたの人柄を見る以前に、もう結果は決まったものだと思ってよいでしょう。

転職を希望している企業に指定された面接場所の周辺にはおよそ10分前後には到着しておき、最低でも5分前には必ず受付をできる状態にしておきます。
また、事前に面接会場への経路を確認し、時間が余ってしまった場合などに、その近くで休憩できるような場所を見つけておくと良いかもしれません。
電車の遅延などといった理由は仕方ありませんが、個人の都合での遅刻、キャンセルは必ず避けてください。
また、病気・身内の不幸などといった重要な理由でキャンセルする場合は、必ず事前に連絡をいれておきましょう。
これで、また後日面接となる可能性も残ります。

一般的には以下のような流れとなっています。 順に流れを追ってみましょう。

自己紹介・学歴・職務経歴の紹介
声はハキハキと、明るく受け答えをしましょう。
学歴・経歴については、失敗談についても、前向きに話すようにしましょう。
退職の理由
転職のきっかけとなった理由を聞かれるはずですが、
前職の愚痴にならないようにしましょう。印象が悪くなります。
当社志望の理由
たとえ初心者で分からなくとも、初心者なりにその転職希望先の企業や業務内容について調べ、その業務について、自分がどれだけ貢献できるかをアピールしましょう。初心者だからと臆することはありません。
当社での抱負
あなたがこの会社に転職した際、何ができるのかをアピールする場になります。
知識や経験が無ければ、仕事への意欲やコミュニケーション力などをアピールすると良いでしょう。
質疑応答
事前に企業に対する質問を考えておきましょう。2つか3つ程度で良いでしょう。
あせる必要はありません。堂々と受け答えをすることが大事です。
積極的に質問することもアピールポイントとなります。

企業によってはまだ手順があるでしょうが、大抵は面接で合格すれば、晴れて採用となります。
あなたにとって、すばらしい転職となるように、転職に関する情報を集め、転職がスムーズにいくように、計画的に転職に関する活動を行うようにしてください。